プロフィール

行田なおし/Noshi GYODA
1985年東京都生まれ。TVディレクターの父のもと、幼い頃から図画工作や映像制作に興味を示し、埼玉県芸術総合高等学校映像芸術学科に進学。CGを専攻、Flashを独学で学ぶ青春期を過ごす。東京造形大学デザイン学科へ進学、フリーのデザイナー・Flasherとして活動を行い、卒業後は某大手印刷会社のWeb制作部門でデザイナーとして従事。2011年東日本大震災直後、福島県地方ベンチャーへ転職。事業者選定・コンペティション・企画運営を担当する傍ら、会津大学でデザイン・ディレクションの講義を行う。2016年より株式会社ドワンゴにて新規事業担当。2017年よりビットコインベンチャーのCoincheckのクリエイティブディレクターに就任。

芝哲也/Tetsuya SHIBA
1983年大阪生まれ。デザイン事務所Cauz(コーズ)代表。バンクーバーフィルムスクール デジタルデザイン学科卒業。卒業後大手広告代理店 BLAST RADIUS(カナダ)に勤務。帰国後デザイン事務所 NOSIGERに加入しサイエンスコミュニケーション、災害支援など、社会課題解決プロジェクトに参加。2011年デザイン事務所Cauzを設立、広義のデザインの枠を超えて、街づくり、中小企業の支援、起業家支援、社会課題解決などへのデザインの適応を行う。現在慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科に在籍中。龍志拳友會中国拳法連盟特別顧問/酔拳師。その他著書に“「アイデアが出なくてもう無理!」と思ったら読む本 ニューロン発想法”がある。

新造真人/Makoto SHINZO
1994年東京三鷹生まれ。アーティスト。自己紹介は苦手、3ヶ月後はどこで何をやっているかわからない。日常における自らの身体感覚や身近な遊びへの観察を通して、写真やペインティング、居酒屋、映像、音、などメディアを限定せず作品制作、表現活動を続ける。2012年TEDxKids@Chiyodaにスピーカーとして登壇し注目を集める。現在慶應義塾大学環境情報学部 在籍。主な展覧会「目は口ほどに空耳を覚える展」/渋谷 (2016),「Part of Process」/ Cairns, Australia (2013),他多数。

津嘉山裕美/Himi TSUKAYAMA
1980年沖縄県生まれ。大阪芸術大学 芸術計画学科卒業。現在Gallery OUT of PLACEディレクター。一貫して観る人と作る人のあいだの仕組みに身を置く。ギャラリー業務の傍ら奈良アートプロム (NAP)メンバーとしてアートプロジェクト等へ参画し、サポート、コーディネート等を行う。イベント開催ありきではなく、関わりのあった地域や住民とハレではなくケにおける長期的なプロジェクトを継続中。その他植物や食物のメカニズム、体液への関心から鑑賞体験としてのスーププロジェクト等液体への考察を進行中。一般社団法人 ティシュー 理事。